化粧品で紫外線カット



化粧品で紫外線カットすることについてです。
太陽光線の中にどのくらい紫外線が含まれているのか、見えない光である以上、判断をすることができない点が難しいところです。
夏の強い陽射しの下で日焼けをして始めて紫外線の強さが実感できますが、それでは遅いのです。
一年中いつでも紫外線は地表に届いており、肌は少しずつ日焼けをしていることはあまり知られていません。
紫外線カットの実践が必要な季節は主に夏と冬です。
ただし、気候次第では春や秋でも紫外線対策は重要です。
UVカット効果をメインに宣伝している化粧品は、普段も大いに活用したいものです。
玄関口やベランダでちょっとした用事を済ませるためであっても、紫外線対策をしたいものです。
家の中にいる時でも窓の近くであれば紫外線対策を怠りたくないものですから、化粧品でのUVケアは大事です。
最近のUVカット用化粧品は、全身に使える日焼け止めとは違って、肌に白く残りにくく付け心地も軽めに作られています。
つけた感触や質感は、UVカット機能があっても大きく損なうものはありません。
通常紫外線をカットできる強さはSPFの数値が大きいものほど効果が高いと言われています。
日頃から用いる化粧品や冬の紫外線対策ではSPFはさほど高くなくても問題はありませんが、UVカットの機能がある化粧品を選択しておきたいものです。




SPFの数値が大きいものほどいいそう。SPFとはシミやソバカス、皮膚ガンの原因となる紫外線B波をカットする力です